毛穴のダメージを軽減する化粧品|美肌になる術

レディ

ピーリングの特徴

固形石鹸

余分な角質がなくなる

角質層表面に溜まった余分な角質を溶かし、新しい皮膚の生成を促すことができる石鹸がピーリング石鹸です。ピーリング石鹸は、新陳代謝を高める働きがあるピーリング剤を配合しています。寝不足やストレス、加齢などが原因で新陳代謝が遅くなると、どんどん角質が溜まっていきます。古い角質は大人ニキビやシミの原因になります。ピーリング石鹸のピーリング剤には角質を強引に溶かす働きがあるので、肌の生まれ変わりを促すことができるのです。ピーリング石鹸は安全に使用できるように、エステサロンのピーリング液よりも薬液の濃度が低くなっています。そのためエステと比べると一回あたりの効果は弱いですが、肌に負担をかけずにピーリングが出来ます。

使用時に注意すること

ピーリングには英語で「皮膚を剥がす」という意味があります。皮膚を剥がすというと怖いイメージがありますが、ピーリング液はリンゴなどの植物由来の成分です。普通に使用すれば痛みはなく、洗い上がりがつるつるになります。ただし、ピーリング液の濃度が濃いと皮膚がヒリヒリする場合があります。わずかなヒリヒリなら角質が剥がれている証拠なので問題ないですが、ひどいようなら使用を控える事をお勧めします。強引に使用を続けると肌に傷がついてしまう可能性があります。また、ピーリング石鹸使用後は乾燥するので、しっかり保湿をする必要があります。ピーリングをした後は角質が薄くなっているので、いつも使っている化粧水の水分がいつも以上に浸透します。