毛穴のダメージを軽減する化粧品|美肌になる術

レディ

肌質を理解できるアイテム

洗顔するウーマン

肌に優しいだけじゃない

固形の洗顔石鹸を使用するのは肌への負担が少ないことや余分な成分が含まれていない安全性からも皮膚科などの医師も勧めており、昔から根強く人気のある商品の一つです。肌へ優しいだけがメリットではなく、洗顔石鹸には肌トラブルが起こった際の原因を突き止めることも可能なので自分の肌質を理解していない人にもオススメです。他の化粧品でも同様のチェックが可能ですが、まず洗顔後に何も付けない状態で五分程度放置します。放置後に顔のカサつきを感じれば乾燥肌、逆にベタつきを感じればオイリー肌、カサつきもベタつきもある場合は混合肌と区別することが可能です。肌質が分かったらその状態に合う成分が配合された洗顔石鹸を購入すると良いでしょう。

洗い過ぎ防止

メイクをしているとどうしてもクレンジング後に洗顔を行い、顔を洗う回数が多いので必要以上に皮脂を落としてしまう場合があります。肌には必要な皮脂があり、それらが肌のバランスを整えるのにも必要になってきますので洗顔をし過ぎないためにも洗顔石鹸の使用がオススメです。洗顔フォームなどに比べると固形の洗顔石鹸は洗浄力が低く、洗い過ぎ防止や肌トラブル中のサポートアイテムとして役立ちます。使用するとことで水分と油分のバランスを保ち、スキンケアをしているのと同じ効果があります。商品によっては洗浄力の強い洗顔石鹸もあるので、購入する際には成分のチェックを必ず行いましょう。なるべく保湿成分の配合されたものや無添加の洗顔石鹸を選ぶのがおすすめです。